日本の気候風土、地球環境の行く末、また幸いにも日本が世界有数の森林国であり、しかも「木」が環境・建築・健康素材として比類ないこと…等々を思い、又、何よりも「木」の創り出す空間の、その魅力に惹かれ、
 当工房は、
1986年のN邸を機に、柱・梁を露出する真壁構造への取組を本格的に開始し、さらには1999年のY邸以降、仕上げ材にまで「木」を多用することを決め、木造住宅の設計を続けています。
 こうして誕生する「木の家」が、整然とした架構を持ち、美しく確かであること、そして、魅力ある空間を誕生させていること、住まわれる家族が目指される生活、その土地・周辺環境の個性や、卓越風・太陽光・緑といった自然環境と豊かに呼応すること、を目指し活動しています。

 ■
当工房の取り組ませて頂いた木造住宅以外の仕事については、
  この頁末尾を参照下さい。

所在地等 野口泰司/野口泰司建築工房 
横浜市瀬谷区南台1-3-1 A1-218 
TEL:045-300-6520  FAX:045-300-6521
MAIL: noguchi.ntk@nifty.com
URL: http://noguchi-ntk.la.coocan.jp/index.htm

資格等 日本建築家協会登録建築家
神奈川県建築士会会員
横浜市木造住宅耐震診断士
一級建築士 
一級建築士事務所 神奈川県知事登録

代表略歴 横浜生まれ、横浜国立大学工学部建築学科卒業
(株)柳建築設計事務所を経て
 1975 野口泰司建築工房開設
 1978~2007 関東学院大学非常勤講師
 1984~2016 NPO法人家づくりの会会員として各種建築活動に参加
 1986 N邸を契機に、真壁構造による木造住宅の設計を開始
 1992 S邸でのOMソーラー採用を機に、温熱環境のパッシブ的調整と、これにより可能となる内部空間の開放性・連続性が以降の住宅設計の基調となる
 1995~1999 神奈川県の森林組合、林業センター、製材所、木材市場、プレカット工場などを巡り、結果を神奈川新聞(15回連載)、「住宅建築」誌などに発表国産・県産木材活用関連各種シンポジウムに講師参加
以降、天竜、秩父、足利、八溝、加子母等の「木」を訪ねる
 1997 メキシコにルイス・バラガン(1902ー1988)の建築を訪ね、以降、建築の空間構成が呼びおこす心象のとの関係性が設計テーマの一部となる
 1999 木造住宅の特異な各種構法12例のコスト分析を行う
「住宅建築」誌8月号に掲載
 1999 Y邸にJパネルを多用した<木の家1>を設計、以降<木の家>シリーズを工房の中心的仕事として取り組む
 1999 神奈川県県産材認証制度検討会委員
 2000 神奈川県林業普及指導協力員
 2002 真壁用引きボルトタイプ接合金物の蒐集、及びその性能比較を行う。
「住宅建築」誌12月号に掲載(2008.6月号に再掲載)
 2003~2017 横浜の建築家/area045会員として各種建築活動に参加
 2007 NPO法人家づくりの会にて「木の研究会」共同設立、木材の乾燥他についてのスタディを開始、高温セット法の発案者、長野県林業総合センター吉田孝久氏等を訪ねる
 2016~ 東日本大震災、熊本地震の衝撃を受け、地震・耐震情報の整理、補強スタディに取り組む

山梨県建築文化賞
神奈川県建築コンクール
木材活用コンクール
住まいのリフォームコンクール
等に入賞

著 書 快適「間取り」プランのつくり方(2007 共同執筆)/(株)ナツメ社
ラクラク建築構造マニュアル(2008 共同執筆)/(株)エクスナレッジ
世界で一番詳しい木材(2012 共同執筆)/(株)エクスナレッジ   
最高の外構をデザインする方法(2012 共同執筆)/(株)エクスナレッジ
最高の二世帯住宅をデザインする方法(2013 共同執筆)/(株)エクスナレッジ 他

木造住宅以外
普門院庫裏・客殿/W 1977  中央液化ガス本社ビル/RC 1977
の仕事 栄寿司+久保山斎場/RC 1986  Sa邸/RC 1987  I邸/RC 1987
田園青葉台住宅集会場(増築)/S 1988
久我山ホームズ(実施設計まで)/RC 1988  A邸/RC 1989
加洲ビル(デザイン協力)/RC 1993  Si邸/S 1998 
蓼科山荘(実施設計まで)/W 1999  レオマックビル/RC 2001
ナツメ社ビル/RC 2010  レオマックビルⅡ/RC 2010

W:木造  S:鉄骨造  RC:鉄筋コンクリート造  
年号:実施設計完了年